起業したての会社にグッド|電話代行に依頼しよう

同時通話を可能にする機器

スーツの人達

IP利用により高性能化

事業所に多くのお客様から電話がかかってきたり、構内で内線電話を利用したりする必要がある場合は、PBXと呼ばれる装置の導入が欠かせません。通常ですと、電話は外線通話によって外部と接続されますが、PBXがあれば1つの電話番号を複数の内線番号に接続できますし、内線同士の通話も可能です。現在はあまり使われませんが、従来型のPBXはアナログ回線を利用していました。機能が比較的シンプルですし、インターネット接続不要というメリットもあります。ただし、アナログPBXは複数の電話回線を契約しなければ外部と同時通話できなかったため、IP接続のPBXが主流となりました。IP用PBXは通話にインターネット網を利用しており、社内の既設サーバーまたは専用機器にインストールすることで利用可能となります。アナログ回線と比較するとコストが安価であり、1つの電話回線で複数の同時通話が可能であることも利点です。さらに、外部のサーバーにPBX機能を持たせるという、いわゆるクラウド型のサービスも登場しました。アナログやIPのPBXと比較した際の最大のメリットは、初期費用と管理費が安価であり、社内に機器を設置する必要がないことです。物理的に離れている拠点同士で仮想内線網を構築することもできますし、スマートフォンを内線化して通話することも可能です。その一方で、IPのPBXと比較すると通話品質が抑えられているため、内線同士の通話が多い事業所に向いています。